英会話学習

【おすすめ作品あり】洋画を活用して英語を話せるようになるには…??

投稿日:

一般的に、英語の学習といえば本と向かい合って、黙々と単語を覚えたり文法を何度も何度も練習したりというイメージがあります。

長文読解問題なんて、おもしろくもなんともない文章をひたすら読んで問題に答える勉強です。

ですが、そんなつまらない勉強しんどいし、三日坊主になってしまう人も多いかと思います。

どうせ英語の学習をするなら楽しく勉強したいですよね?

その気持ちはものすごくわかります。

私も一人で静かに単語を覚えたり、CDでシャドーイングをしたりしたことがありますが、全然面白くないんで長続きしませんでした。

どうすれば、楽しく英語を勉強することができるのでしょう。

今回ご紹介するのは洋画を使った学習方法です。

洋画を観て英語が話せるようになっちゃいましょう。

 

英語が話せるようになるための洋画の選び方

英語を勉強するための洋画の選び方ですが、いくつかポイントがあります。

リスニングが苦手、英語初心者という人は、まずは子供向けのアニメーションで慣れてみましょう。

耳を慣らす意味も含めて、ディズニーなどの子供も楽しめる洋画をお勧めします。

子供向けのアニメーションは普通の海外ドラマよりもゆっくり話していることが多く、比較的簡単な単語を使っています。

ストーリーも子供向けで単純明快でわかりやすいのでおすすめです。

続いては、子供向けアニメーションを見るレベルよりは英語力がある!という人向けの洋画の選び方ガイドです。

英語が話せるようになるために洋画を見るなら、まずは自分がどの世代の英会話をマスターしたいのかをはっきりさせます。

というのも、これは私がアメリカ留学中に感じたことなのですが、やはり若い同世代の子と教授たちのようなご高齢の方とでは、話し方や使う言葉が違います。

教授や年配の方は比較的ゆっくり話したり、わかりやすく話してくれたりするのですがその調子で聞こうとすると同世代のネイティブの友達が何を言っているのか分かりません。

ですから、それを防ぐために誰と話せるようになりたいのか目標を決めましょう。

仮想の話し相手が決まったら、洋画のタイトル選びも比較的スムーズに進むはずです。

話す英語世代別のおすすめ洋画作品

最初にも書いたとおり、世代によって英語を話す速度も違えば言葉遣いも全然違います。

日本語でもそうですよね?女子高生みたいな言葉遣いをしているおば様がいたら、ちょっと引いてしまいます。

ということで、英語が話せるようになるためのおすすめ洋画作品を年代別にご紹介します。

中学生・高校生が使うような英語が話せるようになりたい!

『High School Musical 1,2,3』

これは実際に私が大好きでよく観ていたシリーズです。

題名の通り、アメリカの高校が舞台になったミュージカル映画です。

もともとディズニーチャンネルで2006年に放送された映画なのですが、大変好評だったので続編の2、3も制作されました。

古い作品ですが、英語の歌のシーンもたくさんあるので楽しく見ることができます。

歌のシーンはYouTubeでも観られますので、気になる方はぜひ探してみてください。

大学生が使うような英語を話せるようになりたい!

『Spider- Man・Amazing Spider-Man』

こちらも有名な作品ですよね!

1では、主人公は先ほどの映画と同じく高校生のピーターなのですが、大学の研究室がでてきたり、主人公やその彼女のグウェンがとても賢いので大学で使われる英語を学ぶのにはぴったりの作品です。

もちろん2からはピーターたちも大学生になるので、アメリカの大学の様子も垣間見ることができるでしょう。

スリルも満点で恋愛模様も描かれる映画なので、スピーディーに楽しむことができます。

社会人が使うような英語を話せるようになりたい!

『LALALAND』

この映画は2017年にアカデミー賞で6部門を受賞した、みなさんもおなじみのミュージカル映画です。

ロサンゼルスを舞台に、エマ・ストーン演じるミアとライアン・ゴズリング演じるセバスチャンの大人なラブストーリーを描いた作品です。

この映画では日常生活を描きつつ、その合間にミュージカル特有の素敵な歌のシーンが取り込まれています。

後半の方には、二人の喧嘩する場面があるのですがとてもリアルで見入ってしまいます。ぜひ表現にも注目してみてください。

 


『LIFE!』

この作品は、2013年に上映されたベン・スティラー演じる出版会社に勤める冴えない中年男性が主人公のヒューマンドラマを描いたものです。

この映画、何が面白いのかというと主人公の男性は妄想癖がすごく、その情景を色鮮やかに描いているところです。

彼の勤める出版社で長らく続いていた雑誌「LIFE」が廃刊になるのを機に、最後の表紙を飾るネガを探すべく現実世界でも旅に出るといった内容です。

ファンタジーな内容ですが、会社でのやりとりや主人公の旅の中での人々の出会いなど英会話の勉強にも適している作品だと思います。

英語を話せるようになるための洋画活用法

最後に洋画を用いた勉強方法ですが、もちろんただ見ているだけでは英会話は上達しません。

多少はしんどい作業をしなければ何事も鍛えることができないのです。

どのように映画を活用して勉強すればいいのでしょうか。順を追って説明します。

1. 一つの映画を覚えるまで鑑賞する;お気に入りの洋画を見つけたらセリフを覚える
まで見続けます。その時、一回目は別に日本語で聞いてもかまいません。2. 二回目は日本語字幕で英語で見る;先ほど繰り返し見ると言いましたが、二回目は
日本語字幕を付けて英語を実際に聞いてみます。初めは聞き取れないところも多い
と思いますが、どういうシーンだったかを思い出しながらついていってみましょ
う。3. 三回目以降は英語字幕で英語で見る;三回目以降は字幕も英語にして、英語で聞き
取ってみましょう。そうすることで、先ほどは何と言っていたか定かでなかった
ワードも確認できます。その状態で覚えるまで何度も見てみましょう。

4. その途中でもし意味を確認したくなったら、もう一度日本語で聞いてみましょう。
その時は、英語字幕を付けておきます。

5. シャドーイングしてみる;何度も3を繰り返した後慣れてきたら、次はセリフを
シャドーイングしてみます。この時、そのセリフがどういう意味かを考えながら口
にしましょう。

 

まとめ

今回は、洋画を用いての英語を話せるようになるための勉強方法をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

自分のお気に入りの洋画と一緒だったら、楽しく英語の勉強も続けられそうですよね!!

また、洋画を使うことって実践的な英会話を身に付けることができます。

これはある意味逆の話にはなるのですが、アメリカ人でも日本のアニメが大好きで、何度も見ているうちに日本語を話せるようになったという方もいるそうです。

ぜひ楽しく自分のペースで使える英会話を身に付けてみてはいかがですか?
 

-英会話学習
-,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.