英会話学習

英語が話せる人は聞き上手?英語の相槌を極めよう!

投稿日:


誰と話していても会話の弾む人とそうでない人とがいますよね。

会話が弾む人には、どのような特徴があるのでしょうか。

相手が話し上手の場合もそうですが、聞き上手であることも重要な要素の1つです。

では聞き上手の人の特徴とは何でしょうか。

私は相槌の仕方が上手なのではないかと考えます。

自分が話しているときに相手がいいタイミングで相槌を打ってくれたり、興味を持った反応をしてくれたりすると気分が乗ってどんどん会話が弾む、といった経験はありませんか?

英語についても同様のことが言えます。

皆さんは英語での相槌のバリエーションをどのくらいお持ちでしょうか。

私も振り返ってみれば"I see", "really?", "that sounds interesting"くらいしかなかったような気がします。

そこで、英会話力をアップさせるために相槌のバリエーションを増やし、相手の会話を引き出せるようになりましょう。

会話が弾むようになれば英語のスキルアップにも繋がるはずです!

覚えておきたい相槌の種類


それではここからは会話が弾むようになる英語での相槌を見ていきましょう。

沢山ありますが、色々使えるようになると本当に会話が弾みます!

そうですね!

・I see
・Yes
・Okay
・Right

相手が言っていることを理解してますよ、わかってますよというニュアンスの相槌です。

この中では"right"という表現はなかなか新鮮だったのではないでしょうか。

言われれば分かるけれど自発的には出てこないフレーズかもしれませんね。

なるほど!

・I see
・I understand
・I got it
・That makes sense

これらの表現も相手が言っていることを受け入れる、肯定するニュアンスの相槌です。

"That makes sense"は日常会話でよく使われますが、文字に書き起こすと「makes sense」となって三単現のsが動詞makeにくっついています。

ところが「メイクス・センス」とは発音せずに、「メイクセンス」と発音します。

日本語でも同じ音が続くと発音しにくいので、省略されたりしますよね。

例えば「体育(たいいく)」が「たいく」となったりするような感じです。
 

確かに/その通り/もちろん

・You're right
・I agree with you
・Absolutely
・Indeed
・Exactly
・Definitely
・That's true

今私が聞いているラジオ英会話では"absolutely", "exactly", "definitely"が非常によく出てきます。

absolutely/definitelyは、質問に対する返答でも使えますね。


May I use the bathroom? (トイレ借りてもいいですか?)

→Absolutely! (もちろん)

気軽に使えるようになるまで繰り返し練習してみてください。
 

もちろん!

・Sure
・Of course
・Absolutely
・Why not?

これらの表現は疑問に対する答えとして使う場合が多いです。

Can I try this on? (これ、試着してもいいですか?)

→Of course!(もちろんいいですよ!)

Of courseだけでは「もちろん」という意味にしかなりませんが、上記の例では笑顔でOf course!と返答すれば、相手にとって「Of course you can!」の意味になります。

逆に、もちろんダメですよ!という場合は、

Mom, can I skip school today?(ママ、今日学校休んでもいい??)

→Of course NOT!(もちろんダメよ!)

と、Of courseの後にNotをつけます。

 

すばらしい/イイね!

・Great
・Wonderful
・Fantastic
・Fabulous
・Awesome
・that's amazing
・sounds great

相手の発言に対して、「それイイね!」というときに使える表現です。

この中で"fabulous"という言葉がありますが、これは主に女性が使う言葉だそうです。

fantasticとfabulousが合体して「fantabulous」という造語もありますが、女性っぽい言葉だそうなので、男性が使う場合は注意です。

また豆知識ですが、"FAB+(数字)"となると『いけてる○○人組』という表現になります。

あのThe Beatlesも"FAB 4"と呼ばれたりしていました。
 

本当に?

・Really?
・Oh, my goodness
・Are you sure?
・Is that true?
・Are you serious?
・Seriously?
・Are you kidding?
・Unbelievable

"Are you serious?"や"Are you kidding?"は直訳すると『正気ですか?』『おちょくってるのか?』となりますが、実際はもっと気軽に『マジで?』くらいのニュアンスで使われます。

カジュアルな表現なので、目上の人に使うのは好ましくないという意見もあるので、フォーマルな場面では使わないほうが賢明かもしれません。

また、"Oh, my goodness"は"Oh, my God"から派生した言葉です。
Godを使用すると宗教上の話になり,
要らぬ誤解を招く恐れがあるためこのような表現になったそうです。

他には"Oh, my gosh"という表現があります。
 

嘘でしょ?

・You're kidding
・You're joking
・No way!

"You're kidding"と"You're joking"はほぼ同じようなニュアンスで使用されるようです。

"No way"は映画やドラマでよく耳にするフレーズです。

 

驚きです

・Wow
・Surprising
・That can't be true

"That can't be true"なんてさらっと言えたら驚かれるかもしれませんね。

非常にスマートな表現だと思います。
 

それは大変ですね

・I'm sorry to hear that
・Oh dear
・That's too bad
・That's terrible.
・Awful

相手の発言に対して同情する表現です。

"I'm sorry to hear that"は非常によく耳にしますので是非覚えておきましょう。

"awful"もよく聞く表現ですが、日本人にはなじみが薄い表現ではないでしょうか。
 

それで、どうしたの?

・What was the outcome?
・And then?
・And after that?
・Then what?
・What happened next?

相手から話の続きを引き出す表現です。

いかに相手の話に興味を持っているかを表すことが重要ですね。

これさえ覚えておけば相手にずっと話し続けてもらえるので楽です(笑)。
 

まとめ

英語を上達させたければどんどん会話をすべきだと思います。

あまり話すのが得意ではない、という人は相槌をうまく利用して相手に話してもらうようにすると、会話が弾んで相手から引き出せる英語のボキャブラリーが増えるのでお得ですよ!

相槌という一見ささいな言動も、上記の表現を参考にマスターをすれば『英語のできる聞き上手』としてもてはやされるかもしれませんね。(もちろん、意味も解らずとりあえず相槌を打つのはダメですよ)

ぜひ参考にしてみてください。




 






-英会話学習
-, ,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.