英会話学習

たったの2ステップ!私が独学で英語が話せるようになったシンプルな勉強方法!

更新日:


英語で読み書きはある程度できるのになぜか話すとなると頭に英語が浮かばない...。

そんな方って多いのではないでしょうか?

私も英語は中学時代からずっと得意で、ついには大学で英文学科にまで進学しましたが、英語が全く話せませんでした。

英文学科で英語を専門に勉強してるのに英語が話せない...。

かなりのコンプレックスでした。

「留学すれば英語を話せるようになるかも!」

と思い、大学在学中に交換留学制度を使ってイギリスへ留学しましたが、渡英後も思うように英語が話せるようにならない、というかネイティブが話すスピードに全くついていけずに、話せないばかりか聞くこともできないのか!と愕然とした思い出があります。

このように、英語が話せないことで悔しい思いもしてきたので、努力して英会話が出来るようになろう!と決意していろいろ取り組んできました。

しかもお金をあまりかけたくなかったので、英会話スクールには通わずほとんど独学です。

その結果、今では外国人と英語でメールしたり、電話でも話せるようになりました!

今回は私の経験をもとに、2ステップの独学で英会話が話せるようになる方法についてご紹介します。

おすすめの独学教材もご紹介します!

この記事を書いたのは?

米澤麻衣子

上智大学文学部英文学科卒。大手企業でOLをした後、小学生から高校生までが通う英語教室の先生に転職。出産を機に先生の仕事を離れ、現在は子育てをしながら英語コラムを執筆中。英検1級、TOEIC940点。

英会話が出来ない日本人が多い理由とは?

英語の読み書きはある程度出来るのに英会話が出来ない...。

この問題はあなただけでなく、日本人の多くが抱える悩みだと思います。

TOEICスコアが高いので英語が得意だと思われ、海外出張や海外赴任を任命されてめちゃくちゃ焦ったという人もいるのではないでしょうか?

ご存知のように、英語で読み書き出来る=英会話が出来るは成立しません。

その大きな原因を作ってしまったのが、日本の学校での英語教育にあると思います。

中学や高校での英語教育は、受験を重視しているため読み書きが中心です。

英会話の練習はほとんど行われませんよね?

日本人の多くが英会話が苦手なのは、学校の授業で英会話の訓練を受けてこなかったからです。

さらに学校では、英会話の勉強法についてきちんと教えてくれる人もいません。

でも実際は英会話って、きちんと訓練すれば読み書きよりもずっと簡単なものだと私は思います。

どんな国の子どもだって、読み書きができるようになる前に会話を身に付けますよね?

だから英語だって英会話のほうが簡単なはずなんです。

このように英語って本来はコミュニケーションツールであるはずなのに、一番大切な会話が出来ないって致命的だと思うんですけど、日本の英語教育って不思議ですよね...。

 

ステップの英語が話せるようになる方法

さて本題に戻って、独学で英語が話せるようになる勉強法についてです。

断言します。

高いお金を払って英会話スクールに通わなくても、やり方次第では独学で英語を話せるようになります。

勉強の仕方は非常にシンプル。

必要なのはインプットアウトプットの2ステップです。

インプットとはよく使われる英会話を聞き、覚えること、アウトプットは覚えた英語を実際に言葉に出すことです。

単純にこの2ステップを繰り返すだけで、かなり英会話が出来るようになります。

私はイギリス留学中にあまりに英語が話せずに英語恐怖症に陥りましたが、部屋に引きこもってひたすらインプットとアウトプットを一人でブツブツ繰り返していくうちに、ある時ふっと「あれ?英語話せてる?」という自分に気づきました。

では、それぞれの学習方法について、詳しく見てみましょう!

独学で英語が話せるようになるインプットの方法

独学で英語が話せるようになるインプットの方法は、日常生活で使われる簡単な英会話のフレーズをどんどん覚えていくことです。

簡単に言うと暗記です。

暗記による勉強法を批判的にとらえる人もいますが、暗記勉強法は最も簡単で、しかもかなり効果が高いのでどんな勉強でもおすすめです。

もちろん、英会話の勉強にも効果があります。

日常の英会話でよく使う表現をコツコツ覚えていくことで、ある日びっくりするくらい英語が話せるようになります。

難しい英会話のフレーズを覚えるわけではないので、苦痛ではありません。

英会話の例文が載っている教材は山ほどありますが、私が絶大な信頼を寄せている本をいくつかご紹介します。

英会話インプット勉強法におすすめ1

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」は言わずと知れた大ベストセラーです。

本のつくりは単純。見開き1ページで左側に日本語訳、右側にそれに対応する英文が載っています。

日本語を見て英語がパッと口をついて出るように、ひたすら暗記します。

覚えるときは必ず自分で発音しましょう。

英会話では喋ったことがない言葉・単語は絶対に口から出てきません!

英会話インプット勉強法におすすめ2

語学学習といえば「アルク」。

私は個人的にアルクの教材が好きで、結構たくさん所有しています。

その中でも英会話インプット学習におすすめなのがこちらの本です。

初級者(英検3級)〜上級者まで幅広く使うことが出来ます。

技術や文化など10のテーマ別にたくさんの例文が載っています。

英会話インプット勉強法におすすめ3

「コーパス」とは、言語学研究で用いられる言葉のデータベースのようなもので、書き言葉、話し言葉で使われている膨大な量の表現をコンピュータで構造化し、わかりやすくデーター処理してあります。

こちらの本は、そのコーパスを利用し、英会話で最もよく使われる頻出表現を70文厳選してあります。

ここでご紹介した本にはすべてCDが付属でついてきます。

ネイティブが例文を発音している音を聞きながら暗記し、自分でも同じように発音してみるのがコツです。

暗記というとひたすら書いて覚える!という人もいるかと思いますが、英会話暗記に関しては発音して覚えましょう!

何度も言いますが、口に出したことがない言葉は実際に会話する場面では絶対に出てきません!

暗記による英会話勉強法についてはこちらの記事にもまとめました。

関連記事
留学しなくてもOK!?ほとんどお金をかけずに英語が話せるようになるシンプルな勉強法

英語を話せるようになるためには、英会話教室へ行かなきゃダメ?それとも留学? いえ、実はそんなことありません。 ほとんどお金をかけなくても、英会話はある程度できるようになります。 逆に英語圏に留学しただ ...

続きを見る

独学で英語が話せるようになるアウトプットの方法

インプットで土台作りが完成したら、次のアウトプットに進みましょう。

暗記する時点で例文を口に出すので、ある程度アウトプットの練習になりますが、それだけでは足りません。

積極的に覚えた例文を外に出していくことで、完全に脳に定着させるのです。

私は2つの方法を実際に行いました。どちらも無料ですが確かな効果がありました!

英語で日記を書く

インプットのトレーニングで例文をたくさん覚えると、それらを組み合わせて自分の言いたいことを英語で表現できるようになります。

こうなればもう英会話が出来るようになったも同然。

自分の中にある英文ストックを組み合わせて新たな英文を作っていく練習として、私は英語の日記を書いていました。

実はライティングとスピーキングは脳の同じ部分を使って言語処理をしていることが分かっていて、ライティングの学習はスピーキングの学習にもつながります。

日記だったらその日起こったことや考えたことを書いていけばいいので、自由に書き進めることが出来ます。

最初は短くてもいいので、とにかく続けることが重要です。(実はこれが一番難しかったりしますが...。)

するとそのうちかなり長い英文をかけるようになります。

私は毎日日記を書くのはちょっとモチベーションが続きそうになかったので、週に最低3回という目標を立ててコツコツと続けていました。

英語で日記を書いていると、こう言いたいときはどういう英語表現を使うのかな?と考えるクセが付きます。

これが英語が話せるようになるために非常に重要なんです!

日記を継続的に書くことで自分の言いたいことがどんどん言えるようになります。

 

外国人と英語を話す機会を作る

英会話学習で実践ほど勉強になることはありません。

実践を積むために英会話教室に行く、という選択肢もありますが、わざわざ高いお金を払わなくたって、タダで外国人と英語を使って会話する機会を見つけることが出来ます。

私の場合、イギリス留学中は話し相手に困りませんでしたが、帰国後はなかなか英語を使って会話をする機会がありませんでした。

そこで利用したのが、地元の国際交流協会です。

市町村には「国際交流協会」という、地元に住んでいる日本人と外国人の交流を推進する団体があります。

私が住んでいる地区には国際交流協会が運営している国際交流会館という建物があり、外国人との交流イベントが頻繁に開催されています。

私はトレーニングで覚えた例文をアプトプットする機会を求めて、国際交流会館で開催されるバザーなどのイベントに頻繁に顔を出していました。

イベントではボランティアスタッフを募集している場合が多いので、予定があればボランティアとしてイベントを手伝います。

そうすることでイベントに参加している外国人と友達になれて自然と英語を使い機会が増え、英語でメールしたり電話もできるようになりました。

2ステップの独学で英語が話せるようになる方法・まとめ

いかがでしたか?

私の実体験に基づいて英会話を独学で学ぶ方法をご紹介しました。

英会話は留学しなくても、英会話教室に通わなくても、独学である程度できるようになります。

はじめに時間をかけてたくさん英語の例文を覚え、土台ができてからは英語の日記をつけたり、外国人と実際に話したりして力をつけるのがおすすめです。

もちろんインプットの練習も同時に続けていけば、ストックとなる表現方法や語彙もどんどん増えていき、メキメキと英会話の力が身につきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは?

米澤麻衣子

上智大学文学部英文学科卒。大手企業でOLをした後、小学生から高校生までが通う英語教室の先生に転職。出産を機に先生の仕事を離れ、現在は子育てをしながら英語コラムを執筆中。英検1級、TOEIC940点。

 

-英会話学習
-,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.