TOEIC得点アップ法

TOEIC300-400点からまずはTOEIC500点を目指す勉強法はこれ!

更新日:

 

編集部
こんにちは。編集員Gです。今回は、TOEIC300点台、400点台からひとまず500点を目指す勉強法について、私の経験をもとにお伝えします。

就職や昇進にTOEICスコアを課す企業も増えてきました。

現在ではビジネスの場面で必須といっても過言ではないTOEIC。受けたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

受けたことがある方はお分かりかと思いますが、あのテスト、結構難しいですよね?

私はいまでこそ英語サイトの記事執筆なんかをやっていますが、初めてTOEICを受けたときの点数は330/990点と、惨たんたる結果に終わってしまいました。

TOEICで300点台というと、英語スキルは

TOEIC300点台の評価

・相手にゆっくり話してもらっても簡単な英会話も完ぺきには理解できない。
・自分で話す際も簡単な単語を並べて話すことができる程度。

とのことです。

英語力を証明するためのTEOCIで300点台では、逆に英語が出来ないと証明しているようなもの。

厳しいですが、これが現実ですね。

TOEICのスコアを履歴書に載せたいなら、せめて500点以上は欲しいものです。

そこで300-400点くらいのスコアの人がTOEIC500点をゲットするための勉強法を探していくことにしましょう。

TOEIC500点を目指す勉強法

TOEICはリスニングセクションとリーディングセクションの2つに分かれていて、それぞれ495満点となっています。

それぞれ200の設問があるので、これらの問題をいかに素早く解いていくかが高得点取得のカギになると思います。

ではそれを理解していただいたうえで、リスニング・リーディングそれぞれのセクションに付いて500点を目指す勉強法をご紹介します。

TOEIC500点を目指すリスニング勉強法


ではまず、リスニングセクションからお話しいたします。

私が思うに、TOEIC300-400点くらいの人が500点を目指すうえで大事なのは「英語を聞くことに慣れること」です。

基本的にTOEIC500未満の人は英語を聞くのに慣れていません。

私もそうでした。

ハッキリ言ってリスニングセクションはカンで解いてました。

何言ってるかよくわからないけど、聞き取れた【単語】が選択肢の中にあれば、迷わずそれを選択する始末。

リスニングをカンで解いているようなレベルの人は、TOEIC練習問題を解くよりも、まずは英語の音に慣れることが大切です。

具体的には、ネイティブの英語をたくさん聞くんです。

TOEIC対策用の参考書に付随しているリスニングCDでもよし、お気に入りの海外ドラマや映画のシーンを見るもよしです。

編集部
ただ、だらだら聞いているのはだめですよ!

参考書付属のCD英会話に関しては、参考書に会話の文章が載っていると思いますのでそれを読みながら聞いてください。

頭の中で読むのではなく、実際に声に出して読む「音読」がおすすめ。

関連記事
TOEICリスニング初心者におすすめの勉強方法「音読」で英語回路を頭に作ろう!!

TOEICで最も受験者を苦しめる部分と言えば「リスニング・セクション」ではないでしょうか? 日本の学校英語ではリスニングは重視されないので、どうやって英語を聞けばいいのか?そもそもどうやってリスニング ...

続きを見る

海外ドラマや映画を見てリスニング練習する場合は、英語の字幕表示がおすすめ。

一回日本語字幕でみて物語を楽しんでからでもいいですが、英語表記と登場人物たちのセリフと照らし合せながら彼らの会話を聞いてみてください。

そうすることによって単語がどう発音されているのか知ることが出来ます。

英語と日本語の発音方法は全く違うので、「S」と「TH」、「L」と「R」の違いなど英語の発音を知ることで会話の内容をより深く理解することが出来ると思います。

たとえ会話の内容をすべて理解できなかったとしても、断片的に拾える単語の数が多ければそれだけでリスニング内容の判断材料になりえます。

TOEICで500点の壁を突破したい方はまず、リスニングで拾える単語を増やすということか始めてみるといいかもしれません。

TOEIC500点を目指すリーディング勉強法


次はリーディングセクションについてです。

このセクションではいかに素早く英文を読み、そして理解できるかが重要となってきます。

時間が足りなくて最後の問題までたどり着けなかったなんて方、結構いるんじゃないでしょうか?

大丈夫です。TOEIC600点を超えているような人でも、全然時間が足りないと感じています。

そうなんです。日本語を話す私たちにとって、全く違う字体をもつ英語を読む作業は結構手間取ってしまうんです。

英語を読むスピードを上げるにはどうするか?

答えは簡単、日常的に英語を読む意識をしましょう。

簡単なもので構いません。

例えば薄い英語のペーパーバックを1冊読んでみるのもいいかもしれません。

ビジネスマンの方は、世界のニュースを知るという意味で英字新聞を読むという選択肢もありますが、ちょっと難しいので例えばアメリカ版Yahoo!の芸能ニュースやスポーツニュースを見てみるというのもおすすめ。

MLBやNBAに興味がある人なら、楽しく英語を読むことが出来ます。

また、TOEICの公式問題集をお持ちであれば、それを毎日30分以上読んでみてください。

公式問題集であればTOIECの出題方式などもわかりますし出題の傾向などを抑えることも可能です。

問題に出てくる単語が分からなかった場合、逐一調べていきましょう。

そうすることで語彙力も伸ばしていけます。

リーディングもリスニングと同じで、全文理解できずとも拾える単語が多ければ大まかな内容を把握・推測することが出来ますので本番ではそこから答えを導き出せるでしょう。

TOEICリーディンセクションは大きく分けて3パートになっています。

  • 短文穴埋め問題
  • 長文穴埋め問題
  • 長文読解問題

私が初めてTOEICを受けた時は、穴埋め問題に時間を取られ過ぎてしまい、読解問題を解く時間が全く足りなくなってしまいました。

結果330点という悲惨な点数をたたき出したのです。(もちろんリスニングもひどかったですが...。)

時間が足りなくて長文読解問題を落ち着いて解くことができないという方は、リスニングセクションが終わったと同時に長文読解問題から解き始めてみるのも一つの手かもしれません。

TOEIC500点を目指す勉強法・まとめ

TOEIC300-400点の方は、リスニングもリーディングも基本的に英語に慣れていないことが原因だと思われます。

まずはTOEIC対策というよりも、英語リスニング、英語リーディングに慣れること。

それだけで得点が100点くらいアップします。

英語学習を続けていくと、だんだんとTOEICを解くためのコツのようなものがつかめますので、まずは500点を目指して頑張りましょう!

編集部
↓手っ取り早くTOECIスコアをアップさせたいならこちら↓

-TOEIC得点アップ法
-,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.