留学

経験者が語る!留学してから英語を話せるようになる期間はどれくらい?

更新日:

英語を話せるようになるには留学するのが手っ取り早い!と考えてる人って多い気がします。

でも果たして本当に”手っ取り早い”のでしょうか?

私は現在、アメリカの大学に通う大学2年生ですが、中二の時に全く英語が話せないまま家族の都合でこちらにやってきました。

渡米前の学校での英語の成績は下から数えたほうが早いくらい。

もちろん英語は話せないばかりか、リスニングだって勉強したことすらありませんでした。

でもアメリカに渡っちゃえば1か月くらいでペラペラになるんでしょ??

渡米前に私が思い描いていたイメージです。

では果たして留学してどれくらいで英語が話せるようになったのか?

私の経験をもとにお話ししてみたいと思います。

ちなみに、留学後どれくらいで英語が聞き取れるようになるのかについて、私が書いた記事はこちらです。

関連記事
留学したけど英語が聞き取れない!いったい留学後どれくらいで聞き取れるようになるの?

「勉強のために、語学留学に行こう!」 思い切っていて、いいですよね。 本場で24時間英語に触れる生活。外国人の友達も出来るし、日本とは異なる文化に触れることも出来る。素晴らしい機会になるはずです。 そ ...

続きを見る

この記事を書いたのは?

柴田カヨ

中学2年生の時に父親の仕事の都合で渡米。家族が帰国後もそのままアメリカに残り、現在はカリフォルニア州の大学に通う大学2年生です。日本の会社に就職したいと思い、日々就職情報を収集中。2018年6月にTOEIC960点取りました。

1週間留学すると、どれくらい話せる??

インターネットで「留学」と調べてみると、「1週間からの留学」という言葉をよく目にしますが、1週間程度では「え?何?何と言ってるの?」とあたふたしてるだけで終ります。

渡米後1週間目の私がまさにそれでした。

英語を話す云々の前に、まず相手が何と言っているのか聞き取れないのです!

もちろん日本である程度リスニング力を鍛えてから留学すれば、相手の発言は理解できるかもしれませんが、ほとんど英語を喋れない渡米当初の私のような方が一週間留学しても、せいぜい自己紹介が出来るようになる程度でしょう。

1週間の超短期留学に行かれる場合は、語学を学ぶというよりも異国の文化に触れるという目的主体で行ったほうが良いかもしれません。

まあ簡単に言うと留学というよりも旅行ですね。

厳しい言い方かもしれませんが、1週間で習得できるほど英語は簡単ではありません。

一週間で結果を出したかったら、日本である程度基礎力を付けて、会話の実践を積むために留学するほうが実りがあると思います。

 

2~3か月留学するとどれくらい話せるようになる?


2-3か月だと大学生なら夏休みの間を利用して留学が出来ますよね。

語学学校で集中して英語を2~3か月学べば、リスニングに関してはかなり伸びると思います。

そして相手が言っていることが分かってくるので、やっと英語での会話の基礎が出来るようになります。

会話のキャッチボールが成立するのが2-3か月くらいでしょう。

まだまだ日本語を話すように、思ったことを自由に発言するレベルにはなりませんが、外国人と英語で話す度胸もここらへんからつき始めますので、一番英語力の伸びを感じられる時期かもしれません。

留学後2-3か月で英語力のアップを感じられているときに帰国してしまうのが、なんだかもったいない気がしますよね。

 

6か月留学するとどれくらい話せるようになる?


半年留学すればかなり英会話の力もついてきますし、英語圏での生活にも慣れてくるころだと思います。

語学学校へ入学する場合、当初は初級(Elementary)レベルだった方も、半年後には準中級(Pre-intermediate)、もしくは中級(Intermediate)レベルまで英語力をあげることができると思います。

中級レベルまで来てしまえば、日常英会話程度であればネイティブと会話を交わすことが出来ると思います。

もちろんあくまで中級レベルなので、専門的な話が出てきてしまったり、複数のネイティブに囲まれた中での会話ではちんぷんかんぷんになってしまったりもしますが、留学前に自己紹介程度しかできない英語力の人が「英会話が出来ます!」と言えるこのレベルになるには、留学後6か月もすればある程度は越えていけるのではないでしょうか。

私の場合も渡米後半年でクラスメイトのアメリカ人と、1対1なら普通に会話が出来るようになっていました。

また、現在私が通っている大学に日本からやってくる留学生を見ていると、半年くらいでスムースに英会話が出来るようになる人が多い印象ですね。

結論・留学後に英語が話せるようになるには6か月かかる


ということで結論としては、留学前にほとんど英語が話せなかった人が、簡単な日常会話程度に英語が話せるようになる期間は6か月!

この数字は、全く英語が話せないし、特に英語に興味もなかった中学生がいきなり英語圏の学校に放り込まれたという私個人の経験をもとにしていますが、私の2つ上の兄も半年くらいかかってましたので、結構信ぴょう性あると思いますよ。

もちろん日本でもっと英会話をやっておけば、もっと短い期間で中級レベルになることは可能ですし、半年で上級レベルになることも可能でしょう。

ちなみに私はそのあと、

→1年後には複数のネイティブに囲まれても会話に付いていけるようになった

→3年後には辞書を使って英単語の意味を調べることは無くなった

→6年後(現在)は「あれ?これって日本語で何て言うんだっけ?」と日本語が出てこないことが多くなった。

という経路を辿りました。

まあ最後は大学進学で実家を出たので、日常生活で日本語を使うことがほとんどなくなったために起きた現象です...。

さて、「簡単な日常英会話ができる」と聞くとなんだか物足りなさを感じてしまいますが、英語が話せない人から見ると十分立派です。

私が意図せずに留学して英語を話すようになって感じたことは、難しい専門的な話をしようとしない限り、中学で学んだ英単語や文法で会話を持たせるには十分だということです。

現役中学生がそうだったんだから、間違いありません(笑)

さすがにI have a penなんていう文章は使ったことはまだありませんが…。

ですので中学・高校で英語を学んだ方が語学留学に行った場合、半年もあればある程度英語を話せるようになるというのが私の結論です。

私よりもずっと頭の回転が速い方もたくさんいらっしゃいますので、そういった方はもっと短い期間で英会話をものにされてしまうでしょう。

全く英語話せないけど、留学したらどれくらいで話せるようになるのかな?と疑問に思う人は参考にしてみてください。

この記事を書いたのは?

柴田カヨ

中学2年生の時に父親の仕事の都合で渡米。家族が帰国後もそのままアメリカに残り、現在はカリフォルニア州の大学に通う大学2年生です。日本の会社に就職したいと思い、日々就職情報を収集中。2018年6月にTOEIC960点取りました。

 



-留学
-,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.