TOEIC得点アップ法

TOEICリスニングでスコアアップにつながる解き方のコツ

投稿日:


TOEICリスニングのスコアがなかなか上がらなくて点数が伸びない!と悩んでる人もいらっしゃると思います。

また、あまりTOEICを受けたことがないから、リスニングをどう攻略していくかわからないという人もいらっしゃるでしょう。

留学経験者や帰国子女でもない限り、対策もせずにTOEICリスニングで高得点を取ることはかなり難しいと思います。

私は海外での生活経験は一度もなく、旅行くらいでしか英語圏に行ったことがない人間でしたが、何回かTOEICを受験するうちにリスニングセクションのコツをつかんで、今ではリスニングで9割は点数を取れるようになりました。

そこで、TOEICリスニングに悩んでいる人のために、私が普段TOEICリスニングテストの最中に心がけていることをお伝えしたいと思います。

パートごとに対策方法やコツがバラバラになってくるので、それぞれのパートに分けて説明していきたいと思います。
 

TOEICリスニング《Part1》のコツ

Part1は絵を見て、聞こえてくる英語のなかからマッチするものを選ぶものです。全部で6問あります。

正直なところ、このパートは対策が難しく、普段からひたすら英語に耳を慣らさせるしかないと自分は思っています。

一つコツをあげるとしたら、英語が聞こえてくる前に絵を見てそこからの情報をできる限り頭に詰め込もうとするのではなく、一つ一つ英語が聞こえてきた際にそれが絵の内容とあっているか確認していくという方法のほうが良いと思っています。
 

TOEICリスニング《Part2》のコツ

放送される英文に対する返事を選択する形式です。全部で25問あります。

あの短い時間のなかで問題と解答を結びつけるのが非常にきついと思っています。同じ形式の問題を日本語でやったら間違える人もいるんじゃないかと思うくらいです。

個人的には一番苦手なパートで、コツらしいコツもないのですが、強いて攻略法をあげるとすれば、コツコツと普段から英語の会話に耳を慣らして、即時に英語の意味を把握できるようにするということでしょうか。
 

TOEICリスニング《Part3》のコツ

このパートは英語の会話文を聞いて、一つの会話文あたり3つの問題に答えていく形式となります。全部で39問あります。

英語の会話文は一度しか聞くことができないので、リスニング力を普段から高めておくのももちろん必要となりますが、このパートは解く上でコツがあります。

それは、『先に問題文を読んで、どのような問題に答えなければいけないか把握しておく』です。

実践している人も多いでしょう。

問題を出す側からすると、正当な解答方法はヒアリングしてから問題を見て答えていくという方法を想定していると思うのですが、英語力がまだ高くないうちからそんな芸当は到底できません。

なので、非ネイティブの皆さんは迷うことなく次の問題の問題文を読んで内容を頭に入れてから英語の文を聞きましょう。

別にルール違反ていうわけでもありません。

英文が聞こえてくる前に問題を読む

先に問題文を読む際の注意点ですが、次の問題のものだけ読むようにしましょう。

英語を読むのが早い人だと、次の次の問題くらいまで読むことができるのですが、それをすると肝心の次の問題の内容を忘れてしまいます。

余裕を持った状態で次の問題に望めるよう、次の問題の問題文だけみてください。
 

TOEICリスニング《Part4》のコツ

このパートは基本的な形式としてはPart3と同じなのですが、英語で話される文章の内容が会話文から説明文に変わります。全部で30問あります。

人によってはPart3よりはPart4の方がわかりやすいと思われる方もいらっしゃると思います。

また、形式が変わらないため上記で述べたPart3の方法が対策としては役に立ちます。

問題文が放送される前に次の問題を読んで、どんなことに答えれればいいのか把握しておく戦法がスコアアップにつながります。
 

TOEICリスニングのコツ・番外編

番外編として、リスニング中に集中が切れそうになった場合の対処法です。

基本的にパート間の移り変わりの際に実施して欲しいのですが、一度顔を上げて深呼吸してみてください。

それだけで集中力が持続するようになります。

それぞれの方法が効果あるかどうかは個人差がある面もあるとは思いますが是非お試しあれ!

 

-TOEIC得点アップ法
-

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.