英会話学習

英語できないけど留学できるの?そのギモンに現役留学生が答えます!

投稿日:

留学に興味はあるけれど、英語が現段階ではあまり得意でない。

英語が全然話せないけれど、留学して話せるようになりたい。

そんな風に思っている方はいませんか?

英語ができない状態で果たして留学に踏み切っても大丈夫なのでしょうか。

英語が苦手だけれども海外の文化に興味がある、だから満を持して留学に挑戦したい!と決意することはとても勇気のある判断です。

そこで今回は、どれくらいの英語力を持っていれば留学できるのか?また、留学先での生活に耐え得るのか?について、現在アメリカの大学に留学中である著者の体験からご紹介したいと思います。
 

英語できないけど語学留学できる?


語学留学する場合は英語が出来なくても大丈夫なのか?

結論から言えば、

英語苦手!でも留学してそれを克服したい!

と強く決意している人は、その気持ちを持っている限り行き先でもなんとかやっていけます。

留学前にどんなに英語ができても、挫折してしまう人は1ヶ月そこらで日本に帰っていきます。

これは私がアメリカで見てきた本当の話です。

強い目的や行動力を持って留学に挑む人は、留学先で多少の困難があっても乗り越えられます。

あと、コミュニケーション能力の高い人は英語力にかかわらず留学先でもうまくやっていけると思います。

たとえ話している言語が違っても、相手は同じ人間です。

伝えようと頑張れば、どんなに片言でも何とか通じるものです。

例えばレストランで

「お水ください」

をしっかりとした英語で言おうとすれば

「Can I have a glass of water please?」

なのですが、気合いで伝えようと下のような表現をしても意味は分かります。

「Water,please‼︎」

と言っても相手は「あーお水欲しいのね!」と分かってくれます。

実際に飛行機の中ではネイティブでもこのような言い方をしているのをよく耳にするので、この表現は何も間違っていません。

このように強い気持ちと気合いがあれば、留学初期、特に語学留学であれば何ら問題ありません。

正しい文法や表現方法は語学学校で学べるはずです。

 

正規留学に必要な英語力は?


正規留学や短期留学で大学の正規コースに入る場合、英語が全くできないと少し問題があります。

まず、大学の正規課程に留学するには英語の試験を受けなければいけません。

ですから、全く英語ができないとなると、そもそも留学のスタートラインにすら立てない可能性があります。

アメリカの大学へ入学したい場合、TOEFLという試験を課されることが一般的です。

TOEFLは日本で有名なTOEICに比べるとだいぶ難しいです。

TOEICで800点取れる人がTOEFLではアメリカ大学の入学基準にすら満たないということがざらにあります。

このTOEFLにはPBTとiBTの2種類が主にあります。

TOEFL PBTはPaper-Based-Testといって筆記のみの試験となります。

TOEFL iBTはinternet-Based Testの略で、リーディング、リスニング、ライティングに付け加えてスピーキングの試験を含みます。

アメリカの2年制大学では一般的にTOEFL PBTで450から510程度の得点が必要とされます。

PBTの満点は677点なので、最低ラインの450点と言うと得点率66%です。

この最低ラインの450点、どれほどの英語力なのかと言いますと大体感覚的には英検2級程度かと思います。

つまり、もしアメリカの大学で学びたいということであれば最低でも英検2級程度の英語力は必要とされます。

では、実際に英検2級レベルの英語力があれば大学の授業についていくことができるのか?

単刀直入に言いますと、それではなかなか厳しいです。

実際に著者はアメリカの4年制大学で学んでいるのですが、3年半経った今でも教授の言ったことを全て理解しているかと言いますとそうでもありません。

 

英語が苦手な人が海外の大学で学ぶ方法


それでは英語ができない、自信がない人は海外の大学に入学することは不可能なのか。

そうではありません。

先程TOEFLで一定の得点を超えなければ大学には入れないと述べましたが、その得点を取ればいいのです。

当たり前と言えば当たり前ですが。

TOEFLの対策を教えてくれる英語スクールは日本にもたくさんあります。(たとえばこちら)

TOEFL対策【バークレーハウス】

でも手っ取り早くTOEFL必要最低点を取りたいならとりあえずアメリカに留学してしまうのがお勧めです。

アメリカの大学にはESLと呼ばれる語学学校が併設していることがほとんどです。

まずは自分が行きたい大学に併設されている語学学校に入り、自分の英語レベルに合わせて授業を受けます。

レベルは初めに受けるテストで決まります。

この語学学校で英語レベルが上がっていくと、聴講生として大学の正規授業を取れるようになります。

大学付属の語学学校はその大学に入るための英語教育を行っていることが多いので、そこでTOEFL対策もやっており、実際の試験も受けることが出来ます。

こうして大学付属の語学学校で英語力を磨き、TOEFL目標点を取って正規課程に入学する人はたくさんいます。

英語が初めは苦手だったとしても、語学学校で少しずつ実力をつけていくことで、大学への正規留学だって実現可能だということです。
 

まとめ

英語が出来なくても強い気持ちとモチベーションさえあれば留学できます。

でも大事なのは実はその後です。

大学に入れたというのはゴールにすべきものではないのです。

留学した後も目的をもって勉強しなければなりません。

英語ができないできるということはそこまでの問題ではありません。

常に目標を持っていなければ、英語が出来る人でも簡単に挫折してしまいます。

留学というのはそんなに甘いものではありません。

何が目標で最終的にどうなりたいのか考え続けましょう。

それが留学を成功させる秘訣だと思います。

目標をしっかり持って、自分だけの留学プランを立ててみましょう。

 

-英会話学習
-, ,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.