英会話学習

テンションが高い人は英語がウマい?あなたの英語が通じないのは抑揚がないからかもしれない

投稿日:

発音は下手糞だけどなぜか英語が通じてるっていう人、あなたの周りにいませんか?

逆に自分は英語の語彙も文法も自信があって、TOEICでも高得点を取れるのに何故か自分の英語が相手に通じない...。

そんな経験はありませんか?

発音は正しいはずなのに、なぜか通じない英語。

発音はめちゃくちゃだけど、立派に通じる英語。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?一体、彼らと自分の何が違うんだ!?

もしかするとその原因、ノリが悪いというだけかもしれません。

……というと聞こえが悪いですが、つまるところは「抑揚」への意識がポイントです。

日本語と英語におけるアクセントの違い

日本語はあまり大きな抑揚を付けなくても問題がなく、単語の発音や聞き分けというものは基本的には音の高低で判断を下しています。

方言などで多少の違いはあるにせよ、一音一音に強弱をつけるということを日常の会話ではしていません。

日本語はリズミカルに発話することも重視されていないため、文章を淡々と読み上げることが可能ですし、例えるなら流れる川のようにゆったりと、音の高低を楽しみながら聞くことができる言語だと言っていいでしょう。

一方、英語は音の強弱の部分で単語を判断しています。

英語の音の強弱を「アクセント」といいますが、英語におけるアクセントとは「その部分を強く発音する」ことであって、決して音に強弱をつけることではありません。(※ちなみにアクセントには『訛り』という意味もありますが、ここでのアクセントは音の強弱を指します。)

例えば「東京」という単語。

日本語だと「とうきょう」と抑揚なく発音しますが、英語だと「トゥキョー」と赤字の部分を強く発音します。

これが英語における抑揚・アクセントです。

同じように

・Restaurant(ストラン)

・Banana(バナ)

・Elephant(レファント)

と、英単語には必ずアクセントが存在します。

英語はアクセントを意識して発音しないと通じにくい言語なのです。
 

英語は抑揚が命!

単語と同じように、長い文でもリズムに乗って一気に読み上げるひとまとまりの部分というものが存在します。

強い部分と弱い部分が断続的に、波のようにぶつかってくる(=抑揚をつける)言語が英語なのです。

リスニング教材を聞いたり、海外ドラマや洋画を観ていたりすると、「英語ってテンションが高いなぁ」という印象を抱く方も少なからずいるかと思いますが、それもこの抑揚に由来するもの。

彼らはテンションが高いから抑揚をつけているのではなく、「正しく抑揚をつけないと正しく英語が伝わらないから」そのように発音をしているのです。

この日本と英語における抑揚の違いに気付き、英語の抑揚に耳を慣らすことで、スピーキングはもちろん、リスニングの能力もぐっと上がるはず!

なので、日本語を話すようにただ英語を棒読みで発音するだけでは、どんなに英語っぽい発音でも正しく聞き取ってもらえない可能性があります。

ということで、英語を話すときは自分でもちょっと大げさかな、と思うくらいにアクセントに気を配り抑揚をつけるようにしましょう。

それだけでぐっと通じやすくなったりします。

あまりに抑揚が強すぎて笑われたら恥ずかしい、と考えるのは日本語を話す日本人だからです。

発音がよくないのになぜか通じる英語を話せる人って、アクセント・抑揚に気を付けて英語をしゃべる人だったりします。

通じる英語に大切なのは、テレビや映画に出てくる俳優のようにテンション高く抑揚を意識することが大切なのです。

 

声が小さいから英語が通じないこともある

抑揚つけまくってるのにそれでも通じない!という方は、今度は声量に目を向けてみるのも大切です。

英語に自信がなくて誤魔化していたり、アメリカ英語に独特のすこしくぐもったような響きを真似していたりと声が小さくなってしまっている人は意外と多いのですが、そういった場合かなりの確率で相手に「聞こえていない」ということがあります。

声が小さいということを個性と好意的に捉えてくれる場合もありますが、多くは「喋る気がないのだ」と認識されることでしょう。

英語が苦手だからこそ恥ずかしくて声が小さくなってしまうのだ!という気持ちは当然理解できますが、それでも声を大きくすること。

「私は言いたいことがある」という意思を伝えるためにも、相手に聞こえる声の大きさで話しかけなくてはいけません。

英語圏で相手に何か言ったとき、“I'm sorry?”や”Excuse me?”と聞き返された際に、まず疑ってほしいのが声の大きさです。

相手に通じなかったのだ、否定されてしまったのだ、と思う前に、試しに全く同じ内容をもう一度、大きな声で伝えてみて下さい。

文法がおかしければそう伝えてくれるはずですし、聞こえていなかっただけであれば返答をしてくれるはずですよ!
 

まとめ

英語を話す人はアメリカ人やイギリス人のネイティブだけではありません。

英語はネイティブよりも非ネイティブのほうが世界で使っている人が多いという特殊な言語です。

アメリカ英語・イギリス英語の他に「ヒングリッシュ」と呼ばれるインド英語など、英語のローカライズがそこかしこで起こっています。

発音ばかりに囚われていると、もっと重要な部分を見落としている危険性も!?

あまり固くなりすぎず、「今の自分」を活かした英会話術を磨いていくのも、最先端の英語コミュニケーションかもしれませんね。

-英会話学習
-,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.