英会話学習

急な海外出張で困った人必見! ビジネス英語を超短期集中で仕上げる方法3選

投稿日:

英語は付け焼刃で何とかなるものではありませんが、そうはいっても短期間でなんとかしなければならない!という状況も生まれます。

例えば社会人の方は、急な海外出張が決まって短期間でビジネス英語を身に付けなければならない!ということもあると思います。

英語なんて学生の時以来まともに触れていないのにビジネス英語って!!

市販されているビジネス英語のテキストを手に取ってみても焦るばかりで、

「こんなのは短期集中じゃ無理、、、」

「もう海外出張までに時間が無い。」

こんな不安や心配を抱えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、有名なカリスマ英語教師である安河内哲也先生は

「ビジネス英語は中学英語のレベルで何とかなる!」

と主張しています。

もしそうなのであれば、学生時代に身につけた基礎のレベルを少し応用して発展させていけば、ビジネス英語に限りなく近づくことができます。

そこで今回は、ビジネス英語を短期集中で仕上げる方法3選をご紹介したいと思います。

発音は度外視!

英語は私たちの母国語である日本語にない音をたくさん含んでいますので、正しい発音を身に付けることは重要です。

でも超短期集中でビジネス英語を何とかするには、思い切って発音は捨ててしまいましょう。

ビジネス英語は会話が前提条件なので、相手とのコミュニケーションが必要です。

そのためには、自分で言葉を発し、相手の言葉をしっかりと理解することが重要となります。

会話と聞くと、発音の勉強をイメージしがちですが、発音は単語一つ一つにそれぞれあり、覚える量も多いため短期的な学習では不可能と言えるでしょう。

実は英語には単語の発音よりも大事なものがあります。

それはリズムとテンポです。

英語は日本語と全く違う独特のリズムとテンポがあります。

字幕映画や海外ドラマをよく見ている人はわかると思います。

発音は日本語訛りバリバリのカタカナ発音で構わないので、まずは英語独自のリズムに慣れることを優先しましょう。

一度会話のリズムとテンポを自分の中に落とし込んでから、発音の勉強をすると上達するでしょう。

発音はある程度、日本人っぽいものであっても何ら問題はありません。

ビジネスの場では相手に主導権を取られてはなりませんが、異なる国で生まれた人間同士の会話ですから、全くの同等の関係というのも厳しい話です。

ましてや、私たちの母語は日本語であり、英語は第二外国語です。

どこまで勉強しようとネイティブに敵うことはありません。

最初から敵わないと割り切れば、少々発音が悪くても気にしません。

相手はネイティブなので英語を日常から使っており、駆使できる人なので、悪い発音でも聞き取ってくれるでしょう。

とにかく、発音は後回しにして、大量の英語を聞き取って、発声することを心がけましょう。

 

単語の暗記は最低限に

二つ目は、あまり単語を詰め込まないという方法です。

もちろん、たくさんの英単語を身につけることは決して悪いことではなく、むしろ英語の能力を上げるのには手っ取り早い手段とも言えます。

しかし、こちらの時間は限られています。

特に、単語の数は膨大で満遍なくというのは難しいので、頻出度の高い重要なものだけを覚えるようにしましょう。

会話をしていると、多少イレギュラーなものもありますが、基本的に頻出度の高い単語というものが次第に分かってきます。

会話の骨組みになる単語の大体は、みなさんが学生の頃に覚えたもので太刀打ちできます。

後は、少しビジネス向けの単語を頻出度の高いものから順に覚えていけば、ほとんどの会話は成り立ちます。

ビジネス英語で最低限押さえておきたい単語をまとめた本がこちらです。

なんと収録語数は300個!

1日10個覚えていけば1か月でおわります。

これだけでもかなりの文章を組み立てることが出来ます。

もし会話の中で相手が言った単語が聞き取れなかったり、単語の意味が分からなかったりしたら、聞き返したり、どういう意味かを聞けば良いのです。

それが失礼に値するような場なら、ひとまずそこは流して、単語をメモっておき、あとでスマートフォンで調べれば問題ありません。

今は便利な時代になったので、調べれば一瞬で出てきます。

そこで調べた単語だけを一冊のノートにまとめて、そのほかの意味や用例などを付け加えれば、海外出張中に驚くほど英語が上達しているかもしれません。

 

重要フレーズ・構文を大量暗記

最後はこの方法です。

もうとにかく時間が無い時のパワープレイです。

上記で、会話の単語は使用頻度が高いものがある程度決まっているということを述べましたが、フレーズや構文にも同じことが言えます。

重要なフレーズや構文を暗記することにより、後は会話の流れや雰囲気に合わせて、自分でアレンジしながら使うことができます。

オススメなのは、ビジネスで会ってから別れるまでの流れ一貫で使うフレーズを全て覚えておくこと。

そうすれば、多少予想外のことが起きても、柔軟に対応できます。

ビジネス英語は日常会話とは少し違うので、多少覚えにくいものもありますが、慣れれば大丈夫です。

忘れてはいけないのがビジネス向けのフレーズを覚えることです。

ビジネスの場でフランクな日常英語を使うと、下手したら発音がうまくできないことより、失礼に値するかもしれません。

共通部分はありますが、混合しないようにしましょう。

会話形式でビジネス英語を勉強できる本を1冊覚えればかなりレベルアップできるのではないでしょうか?

 

おわりに

いかがでしたしょうか?

最初にも書きましたが、英語は決して付け焼刃の短期間勉強で習得できるものではありません。

でも、もう時間がない!短期間でなんとかしたい!という状況が生まれるのも社会人のつらいところ。

そんなときは上記に挙げた三つの方法全てやっても良いですし、余程時間が無いのであれば、一つでも構いません。

大切なのは諦めないことです。



 









-英会話学習
-, ,

Copyright© 英語パーソナルジム比較.net , 2019 All Rights Reserved.